普段寝ている寝具や部屋から急に寝る場所が変わると、「あれ?今日眠れないな。」なんて感じることありませんか?

 

自分の好きな物に囲まれて過ごせる寝室なのに熟睡できなかったりリラックスして過ごせないのはかなりストレスになります。

 

好きな色を寝具や寝室に使うことは悪いことではありませんが安眠効果を考えて選んだほうがいいでしょう。

 

 

もしあなたが今眠れていないのであれば眠れない理由に『色』が大きく関係しているかもしれません。

 

 

寝室に使いたい色3選|あなたの理想の効果から寝室の色使いを決めよう

色は私達の生活から切っても切れない関係にあります。日常生活の中で目から入ってくる色の情報はあなたの想像以上に脳に影響を与えています。

 

寝室で使う色はあなたの睡眠に大きな影響を及ぼすのです。

 

間違った色使いをしてしまうと熟睡できなかったり疲れが取れない睡眠時間を過ごすことになるので注意しましょう。

 

緑(グリーン) 〜気持ちを落ち着かる精神沈静効果で深い睡眠を促す〜

 

私たちの生活には幼いころから緑色は深い関係にあります。

 

自然の緑色に黒板の緑色など。

 

緑色には目を癒す効果があります。

 

 

他にも気持ちを落ち着かせる精神鎮静効果があり、イライラや興奮を抑えたりストレスを抑制する効果もあると言われています。

 

緑には集中力アップの効果もあるので会社内に観葉植物を置くと作業の効率アップや想像力の向上に繋がるとも言われています。

 

 

 

緑は気持ちを落ち着かせ目の疲れを癒したり心身の疲労を癒す効果があるよ。
副交感神経に働きかけ、イライラを抑えリラックスさせてくれるからグッスリ眠れるんだね!


 

 

 

青は寒色系に属し感情に働きかけ興奮を抑え精神を安定させてくれる色です。

 

不眠の原因として興奮して神経が高ぶっていて眠れないということは多々あります。

 

嫌なことがあった日は中々眠れないという経験がありませんか?そういう日は青色で心を沈めて緊張を和らげるといいとされています。

 

 

青は心を安心させ心地よい色です。寝室・寝具にはすごくおすすめの色です。
心が落ち着き集中力が高まることから最近では陸上のトラックでも青色が使われています。


 

 

 

黄色は風水でも良い色とされ好んで選ばれる方も多い色ですが、黄色の濃さで睡眠の大きくさが出てきてしまいます

 

黄色の中でもあまり深い黄色は興奮色に分類されるので神経を活発しさせてしまいます。ヒマワリを見て気持ちが高揚するのは色の効果もあるのです。

 

 

寝室に使いたい色は淡い黄色です。パステルイエローを選ぶようにしましょう。

 

同系色の肌色やベージュのような色でもOKです。

 

 

 

濃すぎる黄色はNG!
淡い黄色でリラックスして眠れるようにしましょう。


 

 

色には沈静色と興奮色がある。安眠効果が高いのは沈静色

沈静色とは寒色系の低彩度の色になります。青や緑系統の色でアドレナリンの分泌を抑え、脈拍や心拍数、血圧を下げるなどの効果もあります。

 

興奮色とは温かさを感じる暖色系統の色です。赤やオレンジといった暖色系の色になります。興奮作用やアドレナリン分泌を高め血圧、心拍数を上げます。

 

 

 

 

茶色は賛否両論が多い色だが好きなら使ってもOK

茶色は気持ちを下げるカラー憂鬱な気持ちにさせるカラーとされていますが、一方では自然の色として心が落ち着くという見方もあります。

 

寝具店や家具店でも茶色のシーツカバーは多く売られています。

 

茶色が好きであれば茶色を選ぶのは全然有りです。

 

茶色が好きではないのであればわざわざ選ぶ必要はないです。

 

 

 

 

寝室の色使いから寝具の色を選びぼう

寝具の色を選ぶときに一緒に気にしたいのが寝室の壁の色や家具の色です。

 

寝室の色は細かい家電などを除いて大きな家具、壁、天井など視界に大きく入る物の色は3色以内に抑えるのが理想です。

 

壁と寝具の色を統一するとより良いとされています。

 

しかし、壁の色を変えるのは中々難しいので寝具は沈静色か淡い黄色、ベージュ、淡いパステルカラーにするのがおすすめです。

 

寝室にあまりにも多くの色を入れすぎていると目が休まらず眠くなりにくいということもありますのでなるべく色の数は少なめにしておきましょう。

 

 

 

まとめ|寝室は沈静色か淡い色で!寝室の色に統一感を持たせて安眠効果アップ!

寝室は沈静色か淡いパステルカラーがおすすめです。

 

青や緑でも色が濃すぎたりあまりギラギラしていると良くありません。深みのある青や緑、青と緑が混ざったエメラルドグリーンのような色もおすすめです。

 

パステルカラーの黄色やベージュ(肌色)もおすすめです。

 

安眠効果を考えて寝具を選ぶのであれば赤・オレンジ・紫は避けましょう。また、明るすぎる黄色もよくないです。

 

 

 

今の睡眠に満足いっていない人は早めにシーツやカバーを交換するのがおすすめです。

 

今のシーツの色はあなたの脳にかなり悪影響を与えているかもしれません。